TOPICS
未選択

田町・三田のパーソナルトレーニングジム B-BODY〔動かすと鳴る関節〕#Eglish notation〔Joints that squeal when moved〕

港区田町・三田にあるパーソナルトレーニングジムB-BODY 

トレーナーの出合です。実はこう見えて診療放射線技師なんです。

 ストレッチの時や運動時に、体からポキポキと音が鳴ることはないでしょうか?

屈強な男が拳や首の骨を鳴らす!なんてシーンを見たことがある方もいらっしゃると思います。

今回は、このポキポキの発生の正体と身体への影響についてご案内します。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−

《関節内(骨と骨の間)にある液体の反響音説》

 現在の最有力候補は、骨と骨の間にある体液が移動する際に発生する気泡の破裂音であるという説です。

関節包という袋で関節は覆われています。関節間にある隙間は、潤滑体液(関節液)で満たされています。

−−−−−−−−−−−−−−−−

《真空状態の関節》

人間の体には様々な関節があります。大きくは単関節と複合関節に分けられます。

この関節は骨と骨が隣接していますが、この部分を曲げたり引っ張ったり動かすと、関節内が真空状態になります。その際に関節液が気化して、弾けて消失するときに音が鳴るんですね。音の性質上、周囲の骨(軟骨)、関節包、健に伝わり反響してポキポキと音を発します。

−−−−−−−−−−−−−−−−

《音をさせるのはGood or Bad》

 身近なところでは、指や首または膝の音がなる傾向が多いと感じます。

自分の意志や無意識になってしまうこの間接音は、実際のところあまり良いことではないのです。関節に対して、不自然で且つ無理な圧力であるということなのです。癖や習慣で繰り返し音をならすと、炎症を起こしやすく関節障害に発展する恐れがあります。

 

肘や膝など特定の部位に対して、特定の運動負荷を掛けたときに鳴るようであれば病院で診察を受けることをお勧めしています。

 

【参考】日本文芸社 人体の謎

B-BODYで は皆様にお得な情報や知識をコンスタントに稿しております!

身体に関するお悩み・ご質問があれば、こちらまでご連絡ください。

店舗名:パーソナルトレーニングジムB-BODY田町芝浦店

住所:〒108-0023

東京都港区芝浦2-14-13 セジュール田町1階

TEL:03-6407-9113

メールアドレス:ptgym.bbody@gmail.com

URL: https://tamachi.bbody-gym.com/

アクセス:JR山手線【田町駅】徒歩8分

都営三田線・浅草線【三田駅】徒歩10分

 

−−−−−−−−−−−−−−−−

Hello!

Personal training gym B-BODY in Tamachi, Minato-ku, Mita.

This is Deai, a trainer.Actually, I am a radiology technician. 

 

Do you hear a popping sound coming from your body when you stretch or exercise?

In this issue, we will guide you to the true nature of this pok-pok occurrence and its effects on the body.

−−−−−−−−−−−−−−−−

《Theory of the reverberation of fluid in the joints (between bones)》

 The most likely candidate for the current theory is that it is the sound of air bubbles bursting as fluid moves between bones.

Joints are covered with a pouch called an arthrodesis. The spaces between joints are filled with lubricating fluid (joint fluid).

−−−−−−−−−−−−−−−−

《Vacuum joints》

The human body is divided into single joints and compound joints.

When this part is bent, pulled, or moved, a vacuum is created in the joint. When this happens, the joint fluid vaporizes, and when it pops and disappears, it makes a sound. Due to the nature of the sound, it is transmitted to the surrounding bone (cartilage), joint capsule, and health, and reverberates and makes a popping sound.

−−−−−−−−−−−−−−−−

《Good or Bad to make a sound》

I find that there is a tendency to make finger, neck or knee sounds.

These indirect sounds, made of one’s own volition or unconsciously, are not good. It is an unnatural and unreasonable pressure on the joint. Habitual or habitual repetitive sounding can lead to inflammation and joint damage.

 

If the sound is made when a specific strain is applied to a particular part of the body, such as the elbow or knee, we recommend that you seek medical attention.

 

Thanks You!!!

B-BODY constantly posts valuable information and knowledge to everyone.

If you have any physical concerns or questions, please contact us.

【Personal Training Gym B-BODY Tamachi Shibaura】

 

2-14-13 Shibaura, Minato-ku, Tokyo Sejour Tamachi 1st floor

TEL:03-6407-9113

mail:ptgym.bbody@gmail.com

URL: https://tamachi.bbody-gym.com/

Access: 8 minutes walk from JR Yamanote Line [Tamachi Station]

 

記事一覧